太陽光発電システムを導入することのメリットについて

電気料金を削減できる

太陽光発電の最大のメリットはやはり電気料金を削減できることです。自宅などで発電した電気を使用することによって、電力会社からの電気を使用する量を減らすことが出来ます。さらに余った電気は電力会社へ売ることが出来ますので経済面のメリットは大きいです。また買取価格は10年間の固定制度が設けられておりますので、急に売電収入が減少してしまうなどの心配が無く、先々までの収支の見通しが立てやすいです。売電価格は下落傾向にありますが、今の価格でしたら10年間で初期費用の元も取れますので、導入を検討しても良いと思います。

自然に優しいエネルギー

太陽光発電システムの2つ目のメリットとしては環境に優しい点が挙げられます。太陽光発電は文字通り太陽光のエネルギーを利用して発電していますので、石油などの限りある資源に頼る必要もありませんし、火力発電のように二酸化炭素を発生させることもありません。将来的に石油や天然ガスは枯渇することが予想されますので、太陽の光という無尽蔵のエネルギーを利用している太陽光発電の市場規模は今後ますます大きくなって行くことは間違いないでしょう。

停電時に非常用電源として使える

もし停電になっても太陽光発電システムの自立運転機能が有れば、非常用電源として利用することが可能です。日本は台風や地震が多く発生します。台風や地震の被害に遭った時に自宅などが停電してしまって不便に感じた方も多いと思います。被害の情報収集のためにテレビの視聴や携帯電話などの充電に利用できますので非常に助かります。ただし利用出来る電力容量はあまり多く有りませんので、必要最低限の利用に留めておくことが大切です。

太陽光発電などを導入している過程や業者などは一定の条件を満たせば蓄電池の補助金をもらうことができます。