社内コミュニケーションの活性化がビジネスにおける最重要課題

コミュニケーションの活性化で業績アップ

ビジネスの成功の秘訣はコミュニケーションと言っても過言ではありません。それは顧客や社外の人とのコミュニケーションだけではなく、社内コミュニケーションも非常に重要です。たとえ業績が順調でも一人ひとりが黙々と業務に打ち込んでいたら成果は限られてしまいます。コミュニケーションが活発になれば社内の風通しも良くなり業務にも良い影響があります。業績が低迷している時でも従業員同士のコミュニケーションを大切にしていれば、それが業績回復の起爆剤にもなります。

社内に憩いの場を設ける

社内でのコミュニケーションを活発にするには、コミュニケーションを取り易い環境を作ることが重要です。一つの方法としては、社内の人間なら誰でも入ることが出来るスペースを作ることです。コーヒーメーカーやウォーターサーバーを設置してリラックスした雰囲気を作り上げることが、コミュニケーションの活性化には効果的です。多くの従業員が働いていても会話をする相手は限られてしまいます。憩いの場を設けて他部署の人などと会話できる機会が出来れば業務にもプラスの効果が出て来ます。

縦関係のコミュニケーションの重要性

社内でのコミュニケーションは比較的横の繋がりでは取り易いです。同期や年齢が近い従業員同士だと自然とコミュニケーションが取れます。しかし上司と部下の関係になりますと仕事以外の面でのコミュニケーションが不足しがちになってしまいます。そのことは少なからず仕事にも影響してきますので、出来るだけ意識してコミュニケーションを取ることが重要です。その場合は上司に方が積極的に声をかけてあげることが必要ですし、部下に慕われて嫌な気分になる上司は居ませんので部下も臆せず上司と接することを心がけたいです。

BCPとは、「事業継続計画」を意味します。自然災害などの事態が生じた場合に備えて立てておく計画のことです。